クラフト好き『必見!』ハーバリウムを作る上でのコツ5つ教えます!

インテリア
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年 8月 4日

 インテリアショップに並ぶ、色鮮やかでボトルの中のドライフラワーが浮いているようで、見映えも素敵なインテリア雑貨。


いいなぁと思って手に取ると 2,000~3,000円の文字。中には、5,000円近くのものもあり、


『結構、高いなぁ!』 と感じ、


だったら自分で作ってみよう!  


ということで前回、作り方の記事を載せました。※詳しくは ↓ 


『初心者でも簡単にできる!!』ハーバリウムの作り方のコツ教えます。
https://elmoume.com/ha-bariumu-tukurikata-shosinsha/


でも、この他に、実は、見映え良くつくるためのコツがあるんです。


今回は、これについてお話します。



どうやったら見映えの良いものができるのか?

STEP1.まずは作ってみる



取り掛かりは、何からやったら良いか?

わからない事が多いので、ネットでハーバリウム作りセットを買っちゃいましょう。


セット内容は、

・ボトル

・オイル


・花材


が入ってますので、あとは27cm前後の先が曲がったピンセットがあると便利です。


このセットを勧めるのは、、、

①最初の取っ掛かりとして、写真見本もあり、簡単にできる

②花材についても形、色のバランスが良いものが入っている

のが理由で、このセットの中には写真見本があり、見ながら作ると、


『以外に簡単』


と感じると思います。


このセットでそのままプレゼントにできる完成度になります。


そう感じたら、


『今度は、自分で作ろう』


という思いが芽生えてます。そしたら、次のSTEP!

STEP2.作りたいものをイメージしよう!

イメージを膨らますには、完成形の絵を描くことを勧めます。



頭の中で描いたものを具体的に『こうしたい』と表現するとその後の花材選びにつながります。


『私、絵をかくのが苦手。。。』

という方、心配ご無用。ネットで販売されているものを眺めて『これ!』というものを写メで撮り、イメージしてもいいと思います。


イメージができたら次のSTEP!

STEP3.花材を選ぶ(素材・色合いを考える)

次に、お花を選ぶのですが、素材と色合いについて少しお話します。

素材について


ドライフラワーやブリザードフラワーは、水分もなく軽いので、オイルの中にそのまま入れると浮いてしまいます。


では、浮かないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

カスミソウやアジサイを利用すると良いです。

 ※左上がオレンジのアジサイ

それは、ボトルの中で広がる素材になるので引っ掛かりとなり、他の千日紅(写真中央)や球状の花材などを自由にとどめることが出来ます。

色合いについて


ズバリ、その方のセンスです!!


と言うと、それだと話が終わってしまうので、色の組み合わせの話をひとつ。


カラーコーディネートなどの世界で利用される色相環という概念があります。



簡単に触れると、


類似色や補色、暖色、寒色の関係を利用すると全体な色合いがまとまりやすいです。


類似色とは、自分が決めた色とその隣り合う3色が合わせやすい関係
(例えば、Y:黄色と両隣YR:橙とGY:黄緑など)

補色とは、対角線上にある色合いで、どちらか一方をワンポイントで使うのが効果的
(例えば、R:赤の反対BG:ブルーグリーンなど)

暖色とは、温かみのある色、赤、橙、黄色など

寒色とは、寒々しい色、青、紫、青緑など


上の色合いの効果を考えて、
3色くらいに留めないとそれぞれが主張しすぎて調和がとりにくくなりますので注意です。


では、次のSTEPへ

STEP4.透け感を大事にする

ボトルに入れる花材が決まったら、ボトルに入れていきます。


①仮置き
ボトルに上から入れる順番で並べて、最初にイメージ通りか確認します。



②ボトルにいれる
並べた花材を入れていくときに、どうしても最初の頃は隙間が気になり、詰め込みすぎてしまいます。


ここが最終的に出来映えを左右します!


ハーバリウムのポイントは、適度な透け感なんです。


ボトルに入れる際は、上から「ふわっと」とのイメージで入れて多少隙間があるくらいがちょうどいいです。

並べた素材が多すぎるようなら、間引くこと必要です。



では、最後のSTEPです。


STEP5.何本か作ってみる

最初から何事も完璧は、滅多にありません。2~3本は作ってみましょう!


Try&Practice(試行と練習)をしていくと納得できるものが必ず出来ます!


私も器用な方じゃないので、計10本以上は作って、周りの人から『作って欲しい』という話がもらえるようになりました。


まとめ

これまでのSTEPをおさらいすると


STEP1.まずは作ってみる
キットを購入して作ってみよう!


STEP2.作りたいものイメージしよう!
絵や写真で作りたいものをイメージ


STEP3.花材を選ぶ(素材・色合いを考える)
花材の形状、色のバランスを考えよう!


STEP4.透け感を大事にする
重要なポイント、ボトルに詰め込みすぎないように「ふわっと」いれる。


STEP5.何本か作ってみる
Try&Practice(試行と練習)をする。


となります。それと、冒頭に紹介しました、

『初心者でも簡単にできる!!』ハーバリウムの作り方のコツ教えます。
https://elmoume.com/ha-bariumu-tukurikata-shosinsha/

を合わせてご覧いただくとより分かりやすいと思います。


また、1本当たりの費用は、100均であれば、ボトル、花材、オイルで500円位から作ることが出来ます。
(ちなみにひまわりのボトルは、800円くらい)


買う値段の半分以下でお得に済ませられます。


いかがでしたでしょうか?
今回、作り方に補足したかった重要なことを書きました。


これらを気を付けることで、完成度の高い作品ができると思います。


満足のいくものが出来上がったら、大切な人にプレゼントしてみましょう。


出来上がったものよりは、喜ばれたり、感動したりすること間違いなしです。


素敵な作品ができることを期待してます!

 

コメント

  1. […] クラフト好き『必見!』ハーバリウムを作る上でのコツ5つ教えます! | Elmoumeのひとりごと より: 2019年8月4日 8:54 PM […]

  2. […] Elmoume です。今年も残り、約3か月、早いものですね。。。これから、感謝やお礼の意味または、誕生日でプレゼントを渡す機会も増えてくると思います。特に、大切な方へプレゼントを考えた時、ありきたりものだとつまらないと思っている方、必見です。手作りでインスタ映えのあるハーバリウムを差し上げてはいかがでしょうか?     実は、半年前ぐらいから、見よう見まねでハーバリウムを作り始めて、出来栄えはこんな感じです。以外にめんどくさそう忙しいし、ヒマじゃないから、出来そうもないと頭によぎった方、大丈夫です。サクッとできる作り方やコツは、過去のブログでお伝えしていますのでhttps://elmoume.com/ha-bariumu-tukurikata-shosinsha/『初心者でも簡単にできる!!』ハーバリウムの作り方のコツ教えます。https://elmoume.com/kurafuto-habariumu-kotu/クラフト好き『必見!』ハーバリウムを作る上でのコツ5つ教えます! 今回は、最近作った実例を見ながら、完成度・見栄えを上げるプラスアルファの秘策をお伝えします。 […]

タイトルとURLをコピーしました