今期、VAR利用のJリーグ、導入前の現在地、その必要性のポイント!

スポーツ全般

2020-01-22

こんにちは!

Elmoumeです。

 
今回は、Jリーグに今期から導入されるVARの実情についてです。
 
 
VARは、Video-Assistant-Refereeの頭文字の略で、レフリーのサポートとして導入されます。
 
 
これまでサッカーの試合は、主審ひとりと副審2人と第4の審判員の4人で試合を行ってきました。
 
 
ところが、広いフィールドの中ですべてのプレーを見ることは、困難で、過去、VTRで見直してみると、誤審と言われるジャッジが数多く起きていていました。
 
ワールドカップのメキシコ大会で『神の手』と称されたマラドーナの件は、サッカー界の中で有名な話です。
 
 
そこから34年余りがたち、今年、いよいよ本格的に日本でも導入されますが、この動画を見たときに、賛否両論が自分の中でも湧きました。
 
 
ジャッジを見逃しが減ることや公平になる一方、その弊害、可能性について考えてみます。

冬のサッカー観戦には、おしゃれなアイテムは必須 ↓

経験談より勧める!冬のサッカー観戦におしゃれで便利な持ち物5選+1はコレ!
サッカー観戦でこれからの冬の時期、寒さ対策が必須になります。 特に初めてスタジアムに行くあなたへ、持ち物で何が必要か気になるところです。 今回は、経験談より冬場のサッカー観戦に便利な持ち物(アイテム)をご紹介します。
【このブログを読んで欲しい人

・Jリーグチームのサポーターの方

・VARの取り組みについて関心のある方

今シーズン、VAR導入に向けたJリーグ審判員の現在地

 

まずは、こちらを少し見て欲しいです。

【公式】VAR導入のために。審判員が行っているトレーニングとは!?

※Jリーグ公式チャンネルより引用

VARの役割とは?

実際にフィールド内で起きているプレーがファールに該当するか、ルールに抵触しないかなどをその場のレフリーと別室のVAR要員が様々な映像から、適切で公平なジャッジをする役割になります。

設備の整備・要員

まず、VARは、フィールドで起こるプレーを漏れなくとらえることが必要となるため、聞くところによるとスタジアムには8台のカメラが設置されているようです。

また、別室では、そこから送られてくる映像がモニターで表示され、メインのモニターを基本見て、何かあったら3秒遅れで映像が流れてくる、4分割されている別のモニターで確認することになります。

さらにテレビ中継映像もモニターとして別に存在し、ジャッジの1つとして参考にされます。

 

このモニターでジャッジする人が数名+α必要なので、導入に時間がかかったのも無理がないと思いました。

レフリーの講習会

上の映像にもあるように、実際のゲームでピッチ上と別室に分かれて、各プレーごとの判断をしていくのですが、初めて取り組むこともあり、映像からレフリーの戸惑いが伝わってきました。

VAR導入に向けての問題点とヒント

試合が止まる

主審から見た、ファールと判断されたプレーを別室にいる人と協議をしていくのですが、判断が迷う場合には、試合の流れが止まってしまします。

 

正しく公平にジャッジをすることは、大切ですが、選手はその一瞬一瞬、ギリギリでプレーしているので、際どいプレーのたびにとまってしまうと、興奮が覚めてしまう懸念もあると思います。

スピーディなジャッジと説明

ジャッジに要する時間もスピーディにする必要があります。

 

野球とは違い、攻守の切り替えが早いスポーツだけに、協議を速やかにし、チームのキャプテンへ分かりやすく、納得させる説明をすることも必要となってきます。

試合を止めない!1つのヒント

判断することだけに注目してしまうと、際どいたびに止めて、判断をしたくなる、『怪しき行為は必ず確認』することになってしまい、先に進まなくなってしまします。

 

判断することが主眼でなく、公平でミスジャッジを減らしてスムーズに試合を進めることが目的であることを忘れてはいけません。

 

そこで、考え方を変えて、フィールドにいる審判、プレーヤーが納得できるジャッジならば、いちいちVAR対象とせずに、試合を流れを止めずそのまま流す判断も必要となります。

 

VARは、あくまでもアシスタントでジャッジのサポートの立場であることは、変わりませんので。


今後の普及について

国際試合での普及はされるのか?

日本で導入できても、相手チームで用意できなければ、不公平感が出てしまいます。

 

ワールドカップ予選など国際試合において、各国の事情(設備面、要員など)も大きく絡むため、対象国の導入は、足並みをそろえるのが、今後の課題となります。

①VARは、ミスジャッジや公平感には期待が持てる

②ジャッジする側(レフリー、VAR要員)には、ノウハウを蓄積する時間が、まだまだ必要

今シーズン浦和を除いて、各チーム大幅な補強、入れ替えをしてチーム強化をしていて開幕が待ち遠しいです。

 

VARが、試合の妨げにならないような、スピーディーで熱い試合を期待します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました