体験談!犬の股関節脱臼は、自然治癒可能!予防と対策教えます。

ペット

2019年 9月13日

先日、年連れ添ってきた愛犬が薬を常用することになりました。


持病だった、てんかんです。


これの周期が、年を追うごとに短くなって来たので、ドクターと相談した結果でした。。。

その時の話は、こちら ↓
https://elmoume.com/inu-tenkan-taiou-keikendan/
犬のてんかん、対応について経験談を教えます!


さらに、もうひとつ持病があり、飼った当初から、後ろ足の股関節脱臼もクセになっていて時々、痛がっていました。

実は、この脱臼も放っておくと、片足をカバーすることで他の足に負担がかかり、生活に支障が出て手術が必要になったり、完治が難し状況になるため。侮れないんです。


今回は、この病気について体験談から予防と対策(自然治癒)について考えます。

1.犬の脱臼とは?

1-1.どんな病気なのか?

1-2.どんな症状

1-3.何が原因なのか?


2.体験談からの予防と対策(自然治癒)

2-1.毎日の運動

2-2.食事

2-3.室内で飼う場合のケア

3.まとめ

犬の脱臼とは?

どんな病気なのか?

犬の股関節は、骨盤にある寛骨臼と呼ばれるくぼみと、大腿骨にある大腿骨頭と呼ばれる出っ張りが組み合わされて構成されています。

深いお皿にボールがはまり込んでいる状態を想像していただければわかりやすいかと思います。

この太ももの付け根にある股関節が外れてしまう状態を言います。

当然、外れているところが見えるはずもなく、普段より注視しておく必要があります。

どんな症状

・後ろ足をひきずる
・後ろ足を上げて、3本足で歩く
・後ろ足を触られることを嫌がる
・散歩に行きたがらない  

など太ももの付け根に痛みがあるため、歩けずに座り込んでしまいます。

何が原因なのか?

脱臼する訳は、外傷性によるものが多く、ソファーやベッドから降りたり、抱っこの状態から飛び降りたりした時に、股関節に強い負担がかかり傷んでしまうんです。

私の場合は、散歩中でした。

愛犬の走り出しと自分の歩きだすタイミングが合わず、急激に止まったとき、左の股関節を外し、痛みから後ろ足を上げて3本足で歩く状態となりました。

では、次に体験談からの予防と対策についてです。

体験談からの予防と対策(自然治癒)

手術することも考えましたが、まずは、自然治癒でできる方法で取り組みました。

毎日の運動

日々の散歩で筋力をつけることを心掛けました。

それも朝と夕方の2回、雨の日以外で朝20分位、夕方は長めに4~50分かけて一緒に歩きました。

これにより、四肢が鍛えられ、スマートな体型を維持することが出来、膝、股関節の負担を軽くすることが出来ます。

食事

毎日の食事が大事です。


適度な運動に加え、朝夕のドッグフードに加えたものがあります。


鳥のささ身です。

鳥のささ身は、脂肪がほとんど含まい、高たんぱくで低カロリーの食材です。

また、価格もリーズナブルで筋力UPにとても効果的です。



この鳥のささ身を特別何か調理しているわけでなく、お水を加えてレンジでチンでほぐしてあげてるだけなんです。


この運動と食事でがっちりした筋肉質の体型になり、


なんと、ここ数年は、股関節脱臼が無くなりました。


やはり、毎日の継続がとても大切であるとつくづく感じております。

 

※毎日の食事を本当に考えるなら、グレインフリー(穀物不使用)でチキンサーモン50%以上、香料、着色料不使用のモグワンがおすすめです。


うちのワンコも食べさせたら、食いつき抜群でした!
詳しくは、こちら ↓
https://elmoume.com/inu-dogfood-kore-santaku/
犬が必要とする栄養素入りドッグフードは、コレ3択(お得な情報あり)

室内で飼う場合のケア

その他予防として、室内の床にカーペットなど滑りにくい素材を引いたり、ベットなどから飛び降りて怪我をさせないように、スロープを設けるなど膝、関節、腰に負担をかけないような対策が必要となります。


また、マッサージも効果的です。

犬が比較的好む肩、背中、足の付け根など触られて気持ちのいいところは、痛がらずにむしろ催促してくるのでさすってあげて筋肉の緊張を解いてあげるのも良いかと思います。

まとめ

今回、股関節脱臼に関する予防について経験談からお話ししました。

ポイントは、

日々の散歩で筋力をつける
~1日2回の散歩で四肢を鍛える~


毎日の食事に鳥のささみを加える
~ささ身効果で筋力UPをはかる~


+プラス マッサージで筋力をほぐしてあげる

私の愛犬、トイプードルは、もともと大型犬だったスタンダードプードルを小型化したことで愛らしくなった一方、様々な怪我、病気に弱くなってしまった。

これにより、様々な病気になりやすくなってしまったのは、皮肉なものです。


私の場合は、自然治癒で症状が出なくなりましたが、回復が難しい場合は、ドクターと相談の上、手術も考えた方が良いと思います。


様々な怪我、病気から守るためには、日々の観察が必要です。


なんか、おかしいいなぁ? 思ったら、対処は早めにしてあげてください。

 

コメント

  1. […] ます。なお、股関節脱臼の対処については、こちらをご覧ください。https://elmoume.com/taikendan-inunokokansetudakkyu-sizentiyukanou/~【体験談】 犬の股関節脱臼は、自然治癒可能!~  1.てんかん […]

  2. […] してあげると筋肉質の四肢を創ることができます。ワンコの筋肉質な四肢を創るなら ↓https://elmoume.com/taikendan-inunokokansetudakkyu-sizentiyukanou/【体験談】 犬の股関節脱臼は、自然治癒可能! […]

  3. […] https://elmoume.com/taikendan-inunokokansetudakkyu-sizentiyukanou/ 体験談!犬の股関節脱臼は、自然治癒可能!   今回は、経験談より、トイプーの散歩の時期、頻度、重要性についてお伝えします。 […]

  4. […] 出来、怪我をしにくい体質改善が出来ました。そのブログはコレ ↓https://elmoume.com/taikendan-inunokokansetudakkyu-sizentiyukanou/体験談!犬の股関節脱臼は、自然治癒可能!https://elmoume.com/keikendan-to […]

タイトルとURLをコピーしました